『R・TYPEデルタ』

アインハンダーでなければマイベストシューティングゲームはこの作品になり。

既に弾幕系全盛(といっても一部のコアゲーマーのみのジャンルになりつつありましたが)だった当時のシューティングの中で古きよきブランドの存在感を放てた一作かと。

やぁ本当に弾幕弾幕してないんですわ。敵は適度、適切な量を配置的確にこちらを狙って来て余計な弾は撃たない。逃げ場を塞ぐのは主に障害物で。いい意味でレトロです。この辺はブランドの持つノウハウが感じられます…がそれだけではやり応えのある難易度は作れず。

決め手となったのはフォース(あの前、後ろにつけられるバリア兼ガンポッドね)の扱いかと。射撃よりもあのフォースを直接ぶつけることが同じ敵を倒すにしても高得点で。更にフォースで敵の弾丸を受けることでも得点が入る。つまりハイスコアを狙おうと思えば意識的にハイリスク、危険なプレイスタイルを取らねばならない訳で。射出してる間は時機はノーガードですし、直接こすりつけてもいつ敵の突進を食らうか、という。1点刻みの細か過ぎる採点システムもいい。1点2点のために熱くなれます。

ただこちらは明らかにシューター向け難度で作られてるのですな…誰にでもクリアできる代物ではなく。まぁシューター未満程度の腕しか持たない私も事実クリアできてませんし。ただ当時のシューティング需要は先述した通り既にコアゲーマーメインでしたしこの難易度取りは正しいのかも。それでいて下手なら下手で熱くなれるのはこのフォース周りのシステムのお陰ですな。実際1面を何点取るか、で何度1面だけ繰り返しプレイしたか分らないぐらいですし。シューターの皆様なれば、今やっても十分楽しめるかと。古さは感じません…てたまに処理落ちしますが処理落ちで避ける部分も含めて古きよきシューティングですからそこはテイストということで。

未分類
ナルティメットストームREVOLUTIONが面白い!

PS3で一番ハマったゲームは、ナルティメットストームREVOLUTIONです。 大人気漫画のNARU …

未分類
セブン~モールモースの騎兵隊~

絵本のような世界で紡がれる、名もなき者たちの長きに渡る戦い。 一本のゲームソフトの中にモールモースの …

未分類
なぜOZは3人なのか?

オズの魔法使いのオマージュであるアクション。 主人公・フィールの妹・ドロシーが神の御使いに連れ去られ …